公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団

パッケージの面白さ

世界初3Dラベル

フジシールは2017年で120周年を迎えました。そして現在も成長しつづけている企業です。創業は木工業でしたが、時代の変遷や容器の変化に伴い、パッケージング業界へ業種転換しました。
1961年に封緘を目的にプラスチック製のキャップシールを開発し、その後、世界で初めてシュリンクラベルを開発しました。当時のラベルは紙製のラベルが主流で、機能や内容物の表示などが付加されたラベルはありませんでした。
流通面では専門店での対面販売から、量販店(スーパーマーケット)での店頭/セルフによる販売、そして、近年はコンビニエンスストアの台頭により、年齢・性別・時間に関係なく消費者は自分で自由に商品を選んで購入することが可能となりました。
一方、容器もガラス瓶、缶、ペットボトル、機能性容器、そして自然にやさしい環境対応型の容器が開発され、ますますシュリンクラベルの需要は拡大しています。

そんな中、フジシールは一貫してお客様に提供できる価値あるパッケージを考えてきました。

fanta
  • 安心・安全(内容物を大切に保護しお客様にお届けする)
  • 表示・案内(その商品の内容物を正確にお客様にお伝えする)
  • 加飾・メディア(デザイン、ブランドなどで商品の魅力をお客様にお伝えする)
  • 機能を付加(商品の品質を保持する)
  • 環境・安全(リデュース、リユース、リサイクル)

これらの考え方は、国内・欧米のフジシールが共通課題として取り組み、問題点をお客さまとともに考え解決し、世界の知恵や知識を融合させた新製品・新市場を創ることが、お客さまとの信頼を構築する大きな力だと信じているからです。
シュリンクラベルは、フジシールが世界で初めて開発した3Dラベル(3次元追従型ラベル)です。どのような形状の容器にもピッタリとフィットするのが大きな特徴の一つです。
従来は容器があり、それにデザイン、表示事項を入れるためのラベルが必要でした。
しかし、現在ではシュリンクラベルがあるために、デザイナーは自由な発想で容器をデザインすることが可能となってきました。さらに様々な機能を付加されたシュリンクラベルで、今までに無い材質の容器が開発され、新しいマーケットが生まれてきています。
そして、パッケージの機能とシュリンクラベルの役割はどんどん変化しています。
パッケージの機能は、内容物の保護/表示から商品の魅力を消費者に伝えるツールへと変わり始めています。

フジシールのコアビジネスでのシュリンクラベルは、フジシールが世界に先駆けて開発した特長のある表示のためのラベルです。熱をかけると収縮するフィルムの特性を生かして、変形したボトルや容器にもぴったりとフィットすることができる唯一のラベルです。

  • テニスボール

    テニスボール

  • テニスボールにシュリンクラベルをかぶせる

    テニスボールにシュリンクラベルをかぶせる

  • 加熱する(熱風)

    加熱する(熱風)

  • 加熱する(熱風)

    加熱する(熱風)

  • 完成(3次曲面にもピッタリフィット)

    完成(3次曲面にもピッタリフィット)